読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメの歩き方

アニメやラノベで溢れかえるこの世界を一緒に歩きましょう

『冴えない彼女の育てかた』12巻 感想と考察 前編 これは倫也のたったひとつの冴えたやりかた

ライトノベル 冴えない彼女の育てかた

冴えない彼女の育てかた12<冴えない彼女の育てかた> (富士見ファンタジア文庫)

評価 ★★★☆☆ GS3と合わせて再評価します

あくまで僕の満足度 ★★★★★ 

【caution!】12巻を読んだ人をターゲットに書くから、ネタバレ全開ですよ。この作品全然知らないけど、冴えカノに興味があるよとか、アニメだけ見たんですという方も楽しめるようには書きますけどネタバレ注意ってことで

引用は多いし、文章は長いで、前後編に分割する体たらく。ご容赦を。

恵の望まぬ"転" 賛否両論でも僕は、とても肯定的

「あ、言っとくけど、もちろん俺、今までの巡璃ルート、すっごく好きなんだ! だってメチャクチャ可愛いじゃん巡璃!」
『……あ~、はいはい』
「でも、間違いなくドラマがないんだよなぁ……ドキドキするけど、ハラハラしないっていうか」 
――冴えない彼女の育てかた 11巻エピローグ 

やっと見つけた大切なものを手放したくない、フラットでなくなった恵と、いつも溢れん熱量で、最終的に大切なものをすべて手に入れる理想を目指す倫也の対比は、7巻から提示されてきた一つのテーマだと思う。


12巻は僕的に第2部で一番楽しかった、あるいは興味深かったんだ。評価としては7~8巻(GSも含む)に次ぐものになる。12巻だけでそれほど楽しめたのは、主人公でありながら物語の装置であった倫也に焦点を当てたから。

他ブログやレビューを見ると、なかなか今回は否定的な意見も多く、倫也の行動に感情として理解できない、同意できないという感想を見受けられた。とても良く分かる。

一度目の読んでいる時は倒れた人が紅坂朱音で、フィールズの開発は危機的状況に陥ると、僕は予想していたので的中に興奮しながら、倫也の決断からの展開には想像を超えたドラマを見せられて、すっごく熱くなった。(告白は正直急ぎすぎだろと思ったよ)

熱が冷めてから読み直すと疑問がたくさん湧き出てきたし、考え込んで自分の頭の足りなさに呆れながら、とりあえずの形にできたので記事にまとめたい。

まず前編は、紅坂朱音と安芸倫也のお話になる。

おおざっぱな前置き

この巻をもって7巻から始まったフィールズクロニクルⅧにまつわる物語に決着がついた。

この物語全体としては転にあたる部分だが、第二部として見ると、転回から結末まで描かれてる。

フィールズ・クロニクルの完成。脱退した英梨々と詩羽の二人と、あのお祭りが返ってきた。旧メンバーと新メンバーが合わさって、ついに倫也のいう「俺たちの最強のギャルゲー」を作る役者がこの時初めて、一同に会したのだ。感動だね。

だが待てよ、と。

感動的な場面を見せられても、素直に感動できない要因がいくつかこの12巻にはあったと思う。

紅坂朱音が倒れたのは、ご都合ではないか?

12巻はデートのドタキャンから始まる。誰かが倒れ、病院に運ばれる。倫也に関係のある人。

待ちに待った恵の誕生日。二人のデートはゲーム制作の一環として行われる建前だが、二人の心にあったのは恋愛感情であったことを言及するのは無粋かな。

これをぶち壊したのが脳梗塞で倒れた紅坂朱音(以後、朱音)だ。

なぜ彼女なのか? 英梨々や詩羽、もしくは倫也や恵の親族ではといった予想を皆さんしていた。僕も英梨々が倒れるのかー、またなのかヘイト集めるじゃん、と思っていたが英梨々が再び過労で倒れる展開は安直で、ロジカルなこの作品ではありえないだろうと。行き詰ってなんとなくGS2を読んだ。

上で僕は予想を当てたと書いた。朱音が倒れて、フィールズクロニクルは危機的状況に陥られるだろう。何気なく読んだGS2答えが書いてあったから。*1

「そりゃ、私とマルズとの契約条項に盛り込まれているからだよ」
「必ず今年中に発売するって?」
「そう、こちらの落ち度で発売が延期された場合は、私に支払われる報酬と同額の違約金を無効に支払うってね」
「……ちょっと待って」
――冴えない彼女の育てかた Girls Side2 第8.5話 冴えない彼女の育てかた around 30’s side

むむむ、となった。朱音は物語をドラマチックにするトリックスターなんだよね。特殊で特別なキャラ。黒幕、ラスボス的なそこはかとなく存在感を出してて、7巻以降に倫也と接点が多くなる。このキャラを登場させたからには、物語上の意味があるのだろう。丸戸史明はこのキャラに倫也と同じアレ*2を持たせていると思ってたんだよね。

朱音がでてくる既刊を読み漁った。この物語が描く結末に至るには、彼女が不可欠だと思ってたから。

「ふぁあぁ~……一週間ぶりに寝た~」
「いい加減そういうのは控えた方がいいですよ。もう無理が利く歳じゃないんだし」
「ま、今夜から三日寝続けて取り戻すから大丈夫」
――冴えない彼女の育て方 Girls Side そして竜虎は神に挑まん

脳梗塞で倒れた朱音と倫也を結び付けたのは、倒れた際うわごと「いや、それよりも安芸倫也がちゃんとシナリオを完成させたか確認しないと」

これは11巻でシナリオに行き詰まりを感じた倫也が、朱音に相談したからだよね。

上の引用後に波島伊織が言っていた。倫也君と朱音さんは似ている。二人の行動原理は「理想を形に」と分かりやすい。そのために他者を巻き込んで、他人を顧みずわがままを貫き通す。この物語でずっとやってきたこと。ここに共感して憧れるか、生理的に受け付けないと拒絶してしまう人がいると思う。僕はもちろん前者。

倫也と朱音の結びつきはこの作品の文脈ではあり得ることなんだ。強引だけど納得できる理屈は用意されていて、ご都合主義というより、お約束と言ってあげたい。

倫也の決断 オタク篇

決断は二つあった。

1. 倒れた朱音に代わって、倫也がフィールズクロニクルを完成させる。オタク篇

2. 恵への告白 恋する男の子篇 (後編でやるよ)

この12巻最大の爆弾である倫也の決断なんだけど、倫也の文脈をしっかりと読み解かないといけないんだ。朱音の語った開発状況の真実やマルズとの戦いも言及しなきゃな~、と思うがそこは省いて倫也に注目したい。まずはオタク篇から。

7巻へのanswer 倫也の隠していた怒り

倫也は紅坂朱音を憎んでいた。

7巻を思い出してほしい。英梨々と詩羽を奪われblessing softwareは崩壊した。

その時、倫也は怒りを見せただろうか。答えは否。

酷く落ち込み半月ひきこもっていたが、結局は納得してしまった。だって紅坂朱音は神様なんだから、その神様に才能を認められた英梨々と詩羽が、クリエイターとしてのステージを駆け上がっていく。神の元で、あの企画書に描かれていたゲームを作る。間違いなく神ゲーになる。だから仕方ないんだって。

二人の決断は正しいんだ。俺、応援するから。だから、頑張れ。

そうやって東京駅で二人を送り出した倫也は理性で心抑え、もう一度恵と共に歩き始めた。

だが、12巻。フィールズクロニクルは危機的状況に追い込まれ、マルズは妥協案を押し通す。10巻で覚醒した詩羽が紡いだ物語を没にし、初稿を採用しボリュームを減らす。英梨々の才能についてこれないCG班のグラフィックにリテイクもなし。マルズは無難に、安定したゲームを作ろうとする。

朱音は倫也と町田苑子を前に泣き言を言う。私が二人の才能を見出したのに、こんな所で終わってたまるかと。

その言葉で倫也が隠してきた怒りが爆発した。

「な~にが私が見出しただぁこの簒奪者! 見つけたのも世間に知らしめたのも俺じゃねえか! あんたは俺のおかげで二人をみつけたくせに、勝手にさらってっただけじゃねえか!」

倫也の決断は本文を見てもらうほかない

「あいつらの才能を、本当の意味で開花させたのは、この私だ!」
「英梨々は最後の追い上げで開花した! 詩羽先輩は最初から天才だった!」
「テメェの言ってる才能はレベルが低すぎんだよ! あいつらの伸び代を見誤ってんだよ!」
「そんな偉そうなこと言ってアンタあの二人を制御できてないじゃないか! だから押さえ込めずに自分が無理して倒れたんだろうが!」
自己正当化と責任のなすりつけ合いにまみれた、醜い大喧嘩を繰り広げる。
「今のヨロヨロなあんたに、俺の宝物を……英梨々と詩羽先輩を任せられるかっ!」
「じゃあどうするってんだよテメェは!」
「俺が、俺が……二人をっ!」
――冴えない彼女の育てかた12巻 第四章

長らく心の中にあった朱音への悪意を吐き出し、ここでようやく倫也は7巻へのアンサーにたどり着いた。

いや凄いね。ここが12巻一番すきな場面だよ。倫也にはすごい所有欲・独占欲ってのがあって、それを自覚してなかった。目をそむけてたって言っていい。読者はみんな分かってたと思う。倫也の薄っぺらさとか偽善的な態度。大切なものを一つに絞れない保留の態度。全部大切なんだからって。

倫也と朱音は似ている。だけどここが違うんだ。作品の為にならクリエイターがどうなろうと知った事かな朱音。自分もクリエイターに寄り添って、一緒に作品を作る事を大切にする倫也。

最高のハッピーエンドを目指すんだと。

これが6巻と12巻での恵とのすれ違いに言及する時のポイントになるんだ。

後編にてまた。

*1:本読む時、気になったところに付箋を貼り付けているのだけど、「ここ伏線!」と過去の僕が教えてくれた

*2:詳しくはまた別の記事で書くけど、オタク・クリエイターとしての投影。自己言及。こうであって欲しいな、という願い。最近お仕事モノの作品が多い理由とかこれで説明できるんだよね。

あなたはどれが好き? 2017冬おすすめアニソン11曲

2017冬 アニソン

無事インフルA型を発症しました柊太郎です

クール中盤に突入しまして、良いアニメ悪いアニメがはっきりと分かってきました。

それにしても今期は豊作ですよ。それはアニソンも同様。さあ良いアニソンを教えますよ。

小林さんちのメイドラゴン」OP「青空のラプソディ


fhána / 青空のラプソディ - MUSIC VIDEO

はじめに僕が今期一番好きな曲、特にストリングス(弦楽器)の利きがGood

今までやって来なかったディスコ・ソウルミュージックという新境地を開拓したfhána

fhána史上最も明るく、楽しい、わけわかんない曲で、青空の狂詩曲とはばっちりなタイトル

京アニ製作のOPは、意味不明な狂気系というもので、MVではみんなで踊ってます。

「ガブリールドロップアウト」OP「ガヴリールドロップキック


TVアニメ「ガヴリールドロップアウト」OPテーマ「ガヴリールドロップキック」試聴

いまだ一話エンディングの衝撃を忘れることができない

イントロ~Aメロで心をつかみ、クレジットの前山田健一で腑に落ちる

本当にヒャダインは、作品に寄り添って、曲を作る人だなと再確認できた一曲です

ACCA13区監察課」OP「Shadow and Truth」

Shadow and Truth
ONE Ⅲ NOTES
¥ 250

出だしのアルトサックスでわかる今期のオシャレ枠

バッカーノというより、爆裂ハンターを思い出したのは、ボーカルに林原めぐみの声質を感じたからか

実際OPを担当したONE Ⅲ NOTESは、この作品の為に結成されたスペシャルユニットのようで

実力派アーティストによって構成されるとのこと。つまり林原めぐみかもしれない?

「AKIBA’S TRIP」OP「一件落着ゴ用心


【イヤホンズ】「一件落着ゴ用心」Music Video

それが声優!によって結成された声優ユニットイヤホンズ

サビに怒涛の早口を持ってくる、声優だからできるアッパーな楽曲

串田アキラが客演参加していて、語りと、サビ前に雄たけびを上げています

イヤホンズは毎回方向性を変えてくるので、次も楽しみです

うらら迷路帖」OP「夢路らびりんす


TVアニメ「うらら迷路帖」OPテーマ「夢路らびりんす」MVショート

今期のきらら枠

これほどにあざとい楽曲が許されるのはまんがタイムきららだから

ウラウラwwニャンニャンニャンニャンwwトッテチッテwwトッテチャンww

政宗くんのリベンジ」OP「ワガママMIRROR HEART


【試聴動画】大橋彩香 5th Single「ワガママMIRROR HEART」

軽快なサウンドで心地よいまさにJ-POPな楽曲です

1分30秒のOPにうまく作品の要素を組み込んだ、お手本のようなOP映像

サビが二段階で用意されている面白い作りになっています

亜人ちゃんは語りたい」OP「オリジナル」


Trysail 「オリジナル。」 CM 亜人ちゃんは語りたい OP オープニングテーマ 主題歌 麻倉もも 雨宮天 夏川椎菜

いまやスフィアの後継者相応しい声優ユニットTrySail

これも上手く作品に寄り添えている楽曲で、個性を認めて個性を語ろうというメッセージを感じた

OP映像はA-1picturesらしい優しい色使いが素敵です

クズの本懐」ED「平行線」


“酸欠少女”さユり5thシングル「平行線」 “ノイタミナ”アニメ&ドラマ「クズの本懐」ED

歌詞のもどかしさと反する、ハイテンポなメロディー

人の交わりを、万華鏡で表現するED映像のセンスGood

実写ドラマの方のエンディングテーマもこの楽曲ですね

リトルウィッチアカデミア」ED「星を辿れば」


大原ゆい子「星を辿れば」試聴動画

優しさあふれる気持ちの良い曲、歌声

ED映像が今期最優のクオリティ。すごいぞTRIGGER

アッコ達の生活風景を切り取った絵の数々、話毎に絵が多少変化しているのが見逃せない

このEDがあるからアニメを見終わった後の幸福感があるですよね

風夏」ED「ワタシノセカイ


中島 愛ニューシングル「ワタシノセカイ」ダイジェスト試聴

まめぐ復活!! 

まめぐこと中島愛が3年ぶりの復帰ですよ

風夏作者の瀬尾公治が作詞を担当されています

3月のライオン」ED「orion」


米津玄師 MV「orion」

米津玄師、やっぱり天才としか言えない引き出しの多さ。

ストリングスが洒落すぎているんですよ

こんな上品なサウンドが米津玄師から出てくるとは思っていませんでした

これ見とけば間違いなし!おすすめ冬アニメ5選

2017冬 アニメ

はじめまして柊太郎です

冬アニメが始まりましたが、豊作でどれを見ればいいのか困ってしまいますね、そこで

これを見とけば間違い無しな5作品を紹介

ガヴリールドロップアウト

ガヴリールドロップアウト Vol.1( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]

掴みが上手な、かわいい天使と悪魔の日常コメディ

天界にある「天使学校」を首席で卒業したガヴリールは修行のため人間界に下り、高校に通うこととなった。「立派な天使になって人間達を幸せに導く」と誓った彼女だが、下界の様々な楽しみを知ってしまい、いつしか「ドロップアウト」して自堕落な生活を送るようになってしまっていた。

まずドロップアウトってなんだと思いながら見るのですが、開始5分でタネ明かし

自堕落な天使と真面目で世話焼きな悪魔

おバカな悪魔とドSな天使の4人のキャラクターが繰り出すかわいい世界

f:id:shutoragira:20170116172055p:plain

もうね、悪魔の二人が愛らしくて胸が詰まります  

動画工房さんの確かなアニメーションで、モブだって気になる存在に

ヒャダインさんのポップで中毒性のあるオープニングは必見です


この素晴らしい世界に祝福を!2

この素晴らしい世界に祝福を! 2第2巻限定版 [Blu-ray]

キャラの作画がさらに緩くなって帰ってきた!?

小説家になろう発の皆さんご存知の大人気作品

2016年の第一期放送で爆発的な人気を得たため急遽二期が作られました


残念な個性を持ったキャラクターたちが色々とトラブルに巻き込まれ、おもしろ可笑しく解決していくのは相変わらずですが

f:id:shutoragira:20170116191434p:plain 作画が一段と緩くなっている様な気がしますね


意図的にキャラデザを原作絵とはかけ離れた、コメディ作品らしく雑味あるアニメーションが特徴で、キャラの喜怒哀楽をたのしく表現しています

約束されたおもしろさで、成功すること請合いな作品です


幼女戦記

幼女戦記 1 [Blu-ray]

幼女・魔法・世界大戦~ワーカホリックここに極まれり?~

魔法と戦争を題材にした前クール「終末のイゼッタ」と似た舞台設定ですが 戦争下の軍人に焦点を当てた本格的な戦記ものになっています

このアニメ1話と2話が逆になっていて、プロローグが2話に持ってこられています

実際2話を見なかったらこのブログで紹介しませんでしたね

f:id:shutoragira:20170116191349p:plain


「我々は軍人だ、上がやれと言うのであれば、完遂するのみ」

幼女を主人公として、この台詞。

一体どうして幼女なのかは、ぜひ予備知識なくフラットな状態で見てください

亜人ちゃんは語りたい

亜人ちゃんは語りたい 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

やさしいの中にちょっと考えさせられる世界観

人間とは違った亜人が、一般社会ni込んでいる世界で

亜人に興味がある生物教師が彼女たちとの語らいから、亜人への理解と助けをするお話

f:id:shutoragira:20170116191300p:plain

普通との違いに悩んだり、苦労をしているけど、亜人である前に思春期真っ盛りの高校生である彼女たち(1人は新任教員)


悪意が見えない優しい世界の中にも、亜人に対する配慮、理解の足りなさが現実世界の問題と重なって見えてきます 

マイノリティである彼女たちをどう社会が包括すればいいのか、そんなテーマが浮かんできます


リトルウィッチアカデミア

TVアニメ「リトルウィッチアカデミア」VOL.2 Blu-ray (初回生産限定版)

TRIGGERがおくる最高峰のアニメーション!

キルラキルキズナイーバーのTRIGGER記念すべき一作目である短編映画から早4年 ついにTVアニメでやってきました


一般人である主人公アッコが魔法学校に入学して、魔女を目指して日々がんばるお話

これまでの続編ではなく改めて、魔法学校に入学する始まりから描かれるので今作からでもまったく問題なし


f:id:shutoragira:20170116190923p:plain

アッコが魔法にあこがれる理由となった、魔法のショーはため息が出るほど美しく楽しい、あのシーンだけでも何度もリピートして見ています

老若男女すべての人におすすめできる今期イチオシの作品です